【パターン別】でみる副業

平日休みを利用したサラリーマンの副業 | 余った時間で副収入を増やすためのポイント

平日休みのサラリーマンの方が副業を始める場合、他の人が働いている時間を使って効率よく稼ぐことができます。会社員の方の多くは平日の日中から夕方にかけて勤務中のため、この時間帯は副業ができる人は少ないです。そのため、副業をする場合の競合が少ないことがメリットと言えます。

そこで今回は、平日休みを活用して稼げる副業についての情報をまとめました。副業には様々な種類がありますが、平日休みの方に特におすすめのものをご紹介します。いくつかの副業ビジネスを比較しつつ、メリットとデメリットを把握していただければ幸いです。

⇒平日休みのサラリーマンにおすすめの副業へ進む

平日休みのサラリーマンの副業とは

平日休みを活用してできる副業の中には、月に1万円から3万円ほどの副収入が稼げるビジネスがあります。休みの曜日が決まっている職業の方でも、不規則に本業の仕事に出勤しなければいけない方でも、同様に稼ぐことが可能です。

平日休みという条件を活かした副業には、単発の日雇いアルバイトや覆面調査などがあります。覆面調査はミステリーショッパーとも呼ばれる仕事で、飲食店やエステサロンなどのサービスを実際に体験して、品質を客観的に報告するものです。高単価な案件では、日給で1万円以上の報酬を稼げる場合もあります。

さらに、最近ではウーバーイーツ(Uber Eats)の宅配スタッフなど、これまでになかった新しい副業もおすすめです。他の人が本業で忙しい平日に、平日休みのメリットを活かして働くことで、高い副収入が見込めます。

平日休みに稼げる副業の口コミ評判

平日休みを活用した副業について、まずは実際に副収入を稼いでいる人の口コミや評判をまとめました。様々な職種の人が、平日休みの副業で成功しています。注意点なども含めた口コミを3件ピックアップしますので、これから副業を始めたいとお考えの方は参考にしてください。

  • 26歳 男性(美容室勤務、副業でウーバーイーツ配達スタッフを開始)

平日の休み時間がヒマだったので、気軽に稼げる副業は無いかと思って見つけたのがウーバーイーツの宅配でした。自分もウーバーイーツはよく使っているので、自分にもできそうだなと思ったのがきっかけです。職場と自宅が結構近いので、そのエリアに絞って配達をしています。

最初は数千円でも、お小遣いが増えたらいいな~ぐらいに軽く考えていました。でも、実際やってみたら意外とハマってしまい、毎月2万円ほど稼げているのが現状です。気が向いたときだけ働けばいいという気楽さもおすすめできます。ただ、体力に自信がない方や外に出るのが面倒な方には、無理におすすめしません。体を動かすのが好きな自分には向いている副業だと思いました。

  • 32歳 女性(コールセンター勤務、副業で覆面調査を開始)

私はコールセンターに勤務していますが、シフト制で仕事が入るため平日休みが多いです。残業も無くて嬉しいのですが給料があまり貰えないので、覆面調査の副業を始めることにしました。最初は自分にできるか不安だったのですが、やってみたら楽しく稼げたので良かったです。月に1万円くらいの副収入が増えています。

本業で、1万円昇給するのを待つといつまでかかるか分かりませんが、覆面調査で家計が楽になったのでショッピングも楽しめて嬉しいです。しかも、覆面調査の仕事そのものが、色々な飲食店に行けるというものなので、楽しみながら稼げます。

  • 29歳 男性(交通会社勤務、副業で日雇いバイトを開始)

平日休みの日に単発の日雇いバイトを入れるようにしてから、副業収入が3万円増えました。単純計算で1年に36万円も収入アップして喜んでいます。平日休みだと働き口がないのではないかと心配していたのですが、1日から働けるバイトが沢山あることが分かり、ほとんどは日当としてその場で現金が貰えるのでありがたいです。

日々の業務内容はルーティンワークで退屈していたので、色々な種類の仕事ができるのを新鮮に感じております。なお、会社によっては副業が規約上推奨されていない所もあるそうです。私の会社はむしろ副業を推奨しているので平気ですが、ご自身のお勤め先の就業規則を確認されたほうが良いと思いました。

平日休みに稼げる副業のメリットデメリット

平日休みに稼げる副業には、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。そのため、良い点と悪い点の両方を把握した上で始めることをおすすめします。デメリットも踏まえた上で自分に合いそうな副業をスタートすれば、成功できる可能性も高いです。

平日休みに稼げる副業についてのメリットとデメリットを以下にまとめました。

平日休みに稼げる副業のメリット

平日休みに稼げる副業のメリットは、まとまった時間を使って1日で副収入が稼げることです。スキマ時間や、退勤した後の細かい時間で副業を行うのと比べて、一度で効率的にお金を稼げます。しかも、一般的には平日は本業の仕事がある人が多いため、平日が休みであることを活かして時給単価を高めることが可能です。

平日休みを利用して稼ぐ副業は、気が向いたときだけ働けばよいため、プレッシャーが少ないこともメリットと言えます。毎日必ず作業をしなければならない副業や、常に取引先と連絡を取り合わなくてはならないような副業と比べて気が楽な点がメリットです。

また、休みの日に働く副業ビジネスの中で、日雇いバイト系の仕事や、覆面調査、配達スタッフなどで稼いだお金は、最速で当日、時間がかかった場合でも1週間程度で入金されます。副業の中には、作業をしてから実際に手元にお金が入ってくるまでに1か月以上かかるようなものもあるため、入金タイミングには注意が必要です。その点、平日休みに稼ぐ副業は小まめに報酬を受け取れることがメリットと言えます。

平日休みに稼げる副業のデメリット

平日休みに稼げる副業のデメリットは、地域によっては最適な仕事が見つかりにくいことや、体を動かすタイプの仕事だと体力が必要なことなどです。人口の多い地域やオフィス街などでは、平日休みに即日で稼げる様々な案件が見つかります。しかし、平日に日給を稼げる仕事が少ない地域では、平日に休みが取れるメリットを活かすことができません。特に、ウーバーイーツの配達ビジネスで稼げるのはウーバーイーツの対応地域に限られるため、都市部にお住まいの方だけに有効です。

また、日雇い系の仕事では半日や全日などの拘束時間が発生し、体力的に消耗することもデメリットとなります。本業の仕事で疲れていて休日は家でゆっくりしたいという人の場合、平日休みに副業をすることが難しいです。

平日休みに稼げる副業のデメリットには、毎月稼げる額が不安定ということも挙げられます。毎月固定の報酬を貰えるような他の副業ビジネスと比較すると、あまり仕事が入れなかった月は副収入が少なくなってしまうことに要注意です。

ただし、平日休みにできる日雇い系の副業でも、いくつかの種類のものを組み合わせれば一定の収入を稼ぎ続けることができます。自分が欲しい副収入の額や、平日休みに使える体力を加味して、最適な副業を選びましょう。

平日休みに稼げる副業をするのにベストな時間帯は?

平日休みに稼げる副業は、午前から夕方までにかけての時間帯に行うのがベストです。半日の仕事の場合は、午前中だけ働いたり、午後だけ働いたりすることも可能です。反対に、夕方以降の夜遅い時間になってしまうと、翌日以降に疲れが残ってしまい本業に支障が出てしまう可能性があります。無理なく稼げるように、早めの時間帯に副業を行うのがおすすめです。

平日休みに稼げる副業の内、日雇いバイト系の仕事は早朝の時間帯は時給単価が高くなります。早い時間帯に集中的に稼いで残りの時間はゆっくり休めば、収入面だけでなく気持ちの面でもゆとりを持つことが可能です。水曜日や木曜日など、平日の合間に副業をする場合には、無理なく働ける時間帯を選ぶようにしましょう。

平日休みに稼ぐためにピッタリな副業はある?

平日休みに稼ぐのにピッタリな副業として、覆面調査や日雇い系のバイトなど、現地に足を運んで短時間にまとまった報酬を稼げるタイプのものが挙げられます。日雇い系のバイトでは、様々な案件の中から自分が働きやすい条件の仕事を選ぶことが可能です。そのため、平日が休みになる曜日が不規則な方であっても、自分のスケジュールに合わせて副収入を稼げます。

現地に足を運んで仕事をする覆面調査のような仕事は、平日に仕事があるサラリーマンの方だと取り組めないものも多いです。平日休みで、ウィークデイに外出できるメリットを活かして覆面調査の案件を選べば、競合が多い土日よりも楽に案件が獲得できる可能性が高くなります。

さらに、最新の副業ビジネスとして注目のウーバーイーツの宅配スタッフは、平日のランチタイムが稼ぎ時です。平日に出勤している会社のランチでウーバーイーツを利用するサラリーマンの方が多いため、その時間にまとまった報酬を稼ぐことができます。

平日休みを利用して実際に稼いでいる人が成功したおすすめ副業はこれ!

平日休みを使って実際に稼いでいる人が成功したおすすめの副業は、ウーバーイーツの宅配スタッフです。ウーバーイーツの宅配では、1件配達するごとに数百円の報酬を稼ぐことができます。平日のランチタイムに、オフィス街でウーバーイーツを利用する人たちへの宅配をすると、多い時では1時間に3~4件の宅配が可能です。時給単価で計算すると、1,500円程度となります。

特に、様々な事務所が密集している都市部のオフィス街なら、近いエリアで集中的に宅配をすることが可能です。ウーバーイーツは移動距離が長くても報酬がアップするわけではないため、いかに近場の案件を手早くこなすかが時給単価をアップするポイントとなります。

なお、平日休みのランチタイムを狙って実際に稼いでいる人は、自転車や原付、バイクなどの移動手段を使用している場合が多いです。もし、ウーバーイーツが利用できる地域にお住まいで、平日休みを利用して稼ぐなら、宅配スタッフの副業をおすすめします。

ただし、ウーバーイーツは人口が多い都市部でのみ展開されているサービスのため、その点には注意が必要です。もしウーバーイーツの利用圏外にお住まいの場合、まとまった時間で稼げる日雇い系のバイトや覆面調査の副業をご検討ください。

平日休みに稼げるウーバーイーツ宅配と、類似する他の副業との比較

平日休みに稼げるおすすめの副業としてウーバーイーツの宅配スタッフがありますが、類似する他の副業と比較した場合の特長もご紹介します。比較する対象として、日雇い系のバイト、覆面調査、そして在宅ワークをピックアップしました。

まず、ウーバーイーツの宅配と、日雇い系のバイトを比較してみます。ウーバーイーツの宅配は、平日休みのメリットを活かしてランチタイムのオフィス街などでまとまったお金を稼ぐことが可能です。オフィス街でウーバーイーツが利用される確率や頻度は時期によらずほぼ一定のため、一度稼げれば定常的に報酬が得られます。一方、日雇い系のバイトの場合は、一度行った案件が毎週繰り返されるとは限りません。ただし、日雇い系のバイトはウーバーイーツよりも仕事内容の種類が多いため、根気よく探せば毎週違った案件を入れることも可能です。

次に、覆面調査と比較してみましょう。ウーバーイーツの宅配は、宅配が完了すればそれだけで報酬を得ることができますが、覆面調査の場合は現地に足を運んで飲食店やエステサロンなどのサービスを体験した後、調査レポートを書く必要があります。その点で、ウーバーイーツの方が短時間で案件を終えることができて効率が良いです。一方、覆面調査はレポートするお店のサービスを自分が体験できるというメリットがあります。

最後に、ウーバーイーツの宅配と在宅ワークの比較です。ウーバーイーツの宅配は外に出て働く副業ですが、在宅ワークは主にネットを通じてパソコンで行う副業となります。そのため、在宅ワークで稼ぐためにはある程度のパソコンスキルが必要です。ウーバーイーツの場合はその必要がありません。また、ウーバーイーツの宅配の方が、平日休みであるということのメリットが生かしやすい副業と言えます。在宅ワークの場合は、平日でも休日でも仕事内容や単価がほとんど変わらないという点が、ウーバーイーツ宅配との主な違いです。

これらの比較から、平日休みを活用してまとまった報酬を稼ぎたい方には、ウーバーイーツ宅配をおすすめします。