【パターン別】でみる副業

奨学金返済のためのサラリーマン副業 | 奨学金の出費を減らす有効な副業術

社会人になってから、奨学金の返済のために副業をする人が多いです。特に、利息付の奨学金の場合は返済期間が長くなってしまうほど、その分返済金額も増えてしまうため、なるべく早い完済が重要になります。

奨学金の提供元として知られるJASSO(日本学生支援機構)の奨学金では、返済を延滞してしまった人の情報を信用情報機関に通知するため、完済できない場合のデメリットが大きいです。口座振替での奨学金返済金額の引き落としに備えて、常に充分な預金残高を用意しておく必要があります。

そこで今回は、出来るだけ短期間に副業収入を稼いで、少ない回数で奨学金を返済するために役立つ情報をまとめました。奨学金の返済に役立つ副業を知りたい方はぜひ参考にしてください。

⇒今すぐおすすめの副業を見る

奨学金返済のためのサラリーマンの副業とは

奨学金の返済におすすめの副業には様々なものがあり、毎月3万円以上を稼ぐことができます。短期間で集中的に稼ぐ場合、クラウドソーシングを使った在宅ワークや、日雇い系の単発アルバイトがおすすめです。

在宅ワークなら、通勤時間などの無駄な時間をかけずに効率よく副収入を得られます。時給単価も一般的なアルバイトより高く、スキル次第では時給3,000円以上を稼ぐことも可能です。日雇い系の単発アルバイトで副収入を稼ぐ場合は、日給で8,000円以上を受け取れる仕事があります。また、多くの日雇い系バイトでは報酬が入金されるまで1週間程度、最短の場合は当日に現金で受け取れるため、まとまった現金が急に必要になった時にも有効です。

さらに、奨学金の返済のためにおすすめの副業では、スタートするためにお金がかからない点も重要になります。在宅ワークや日雇い系のバイトを副業として始める場合、特に資金は必要ありません。また、始めてからすぐに副収入を得ることができます。

奨学金の返済におすすめの副業の口コミ評判

奨学金の返済におすすめの副業について、実際に副収入を稼げた人の口コミや評判をまとめました。これから副業を始めたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

  • 24歳 男性(メーカー勤務、副業で在宅ワークを開始)

自分は大学の学部に通うために奨学金を利用したため、現在も返済を続けています。できるだけ早く完済してしまいたいと考えてよい副業が無いか探したところ、クラウドソーシングを知りました。スタートした月に2週間ほどで5,000円稼ぐことができ、2ヶ月目は1万円、3か月目以降は平均で3万円程度稼げて、家計がかなり助かりました。

勤めている会社は副業OKな比較的自由な雰囲気の会社なのでよかったです。会社によっては副業が就業規則で禁止されていたりするところもあるそうなので、もし副業を考えている方がいらっしゃったら注意されることをおすすめします。

  • 31歳 女性(デザイン事務所勤務、副業で在宅ワークを開始)

本業はデザイン会社でデザイナーをしていますが半年くらい前から副業もスタートしました。毎月奨学金を返すと、趣味やお出かけに使えるお金が少なくなって大変です。在宅でできる副業を始めてからはお小遣いが増えました。今のところ、本業の収入にプラスして5万円くらい副収入があります。

在宅ワークでは本業とは違ったやりがいもあり、クライアント様から直接喜んでいただけるので面白いです。本業よりも稼げるようになったら独立もできてしまうかも、と思っています。まずは、奨学金をしっかり返済しきって、貯金をしてから独立について考えていきたいです。

  • 28歳 男性(外食チェーン勤務、副業で日雇いバイトを開始)

私は学生時代に利用した奨学金の返済を続けていますが、まだ完済できていません。早めに返して気持ちをすっきりさせたいと思って副業を始めました。数千円でも、本業以外に収入ができた時は安心です。アルバイトといえばまとまった時間、毎週何日もやらなければいけないと思い込んでいたのですが、最近では1日だけや半日だけで働ける単発のバイトを紹介してくれるサイトがあることを知りました。

無理なく自分のペースで副収入を稼げるので、もっと早く知りたかったです。ただ、本業以外にも働くのはやっぱり体力を使うので、早く奨学金を返し終わって楽になりたいと思います。

奨学金の返済におすすめの副業のメリットデメリット

奨学金の返済におすすめの副業には、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。短期間でまとまったお金を稼ぐことも可能ですが、スキルが必要になる場合があることや、本業とのバランスを考えて無理なく働くことが大切になります。

そこで、奨学金の返済におすすめの副業について、以下にメリットとデメリットをまとめました。両方をしっかり把握した上で、少しでも奨学金の返済に役立てていただければ幸いです。

奨学金の返済におすすめの副業のメリット

奨学金の返済におすすめの副業のメリットは、集中的に稼げるという点です。在宅ワークや日雇いバイトの副業なら、自分が頑張った分だけ多くの報酬が得られます。利息付きの奨学金の場合、短期間でまとめて返済するほど利息額を安く抑えられるので、短期集中で稼げる在宅ワークや日雇いバイトは相性が良いです。

また、副収入を奨学金の返済に充てるためには、確実に稼げる副業をおすすめします。副業の中には、株式投資のようなジャンルのビジネスもありますが、大きな利益を得るためにはそれだけ高額な投資が必要になるため、リスクが大きいです。その点、在宅ワークや日雇いバイトといった副業ビジネスなら、一切お金を掛けずに始めることができます。

さらに、在宅ワークの場合は働く場所や時間帯を問わずに副収入を稼げることもメリットです。本業がどのような内容であっても、どこにお住いの場合でも、ネットがつながるパソコンがあればどこでも仕事ができます。平日の仕事終わりや出勤前の朝の時間、あるいは週末や休日だけ働いて稼ぐことも可能です。

在宅ワークや日雇いバイトの副業のほとんどは、資格や経験がなくても始められます。思い立ったらすぐに始められることも、奨学金の返済におすすめの副業のメリットです。

奨学金の返済におすすめの副業のデメリット

奨学金の返済におすすめの副業のデメリットは、株式投資などの副業と比較すると手間がかかることです。投資系の副業では、AIによる自動的な株式売買などの機能で利益を得ることができます。元金として使えるお金がある場合は、投資の方が短い作業時間ですむことが特徴です。ただし、投資は手間がかからない分、掛けたお金が返ってこなくなるリスクもあります。

奨学金の返済におすすめの副業の内、在宅ワークに関するデメリットは、パソコンが使えないと仕事をするのが難しいことです。クラウドソーシングサイトを活用した在宅ワークでは、パソコンで作業するものが多くなっています。そのため、パソコンを持っていない方や、パソコン操作が苦手な方にとってはハードルが高いです。

また、日雇い系のバイトを副業として行う場合は、バイトの現場までの移動時間が発生します。人口が多い地域にお住まいで、日雇いバイトの現場が近場にたくさんある人なら効率よく稼げますが、現場が遠い場合には移動時間が増えて時給単価が悪くなるため、注意が必要です。副業のために外出や移動時間を発生させたくない場合は、在宅ワークの方をおすすめします。

奨学金の返済のための副業をするのにベストな時間帯は?

奨学金の返済におすすめの副業は、出勤前の早朝や平日の業務終了後、あるいは土日や祝日などの休みの日に行うのがベストです。特に、単発の日雇いバイトを副業にする場合は、早朝や深夜帯の方が時給は高くなる傾向があります。また、土日や祝日などを丸一日使った単発バイトの場合、日給で1万円以上を稼げるケースも多いです。

奨学金返済のための副業として在宅ワークをする場合は、時間帯によって時給単価が変わることはないため、自分が働きやすい時間帯を選ぶことができます。平日に毎日1時間程度の時間が作れれば、月に1万円以上稼ぐことも可能です。また、土日や祝日などにまとまった時間をとって作業することでも、高い副収入が得られます。

本業の出勤時間帯や、副業の種類に合わせて、最適な時間帯を選ぶのがおすすめです。時間的な自由度は、パソコンがあればどこでも仕事ができる在宅ワークの方が高いと言えます。

奨学金の返済にピッタリな副業はある?

奨学金の返済にピッタリな副業として、クラウドソーシングを利用した在宅ワークや、単発の日雇いバイトなどがあります。奨学金の返済のためには、出費を抑えて手堅く稼げるビジネスがおすすめです。在宅ワークや単発の日雇いバイトなら、お金をかけずに開始することができるうえ、働いた分だけ確実に報酬が得られるため、奨学金の返済にピッタリです。

また、在宅ワークの副業の場合、ご自身がお持ちのスキルによっては本業並みの収入を稼ぐこともできます。最近では、プログラミングやWEB制作の案件、英語の翻訳、デザイン、動画制作といった分野で、高い報酬を得られる案件が多いです。なお、これらのスキルがない方でも、パソコンを使って文章作成をした経験があれば、問題なく稼ぐことができます。

日雇いバイトの場合も、自分が働ける日にまとまったお金を稼ぐことが可能です。出来るだけ早く奨学金を返済することで、完済までに支払う利息額を少なくしていきましょう。

実際に副収入を得ている方が奨学金の返済に成功したおすすめ副業はこれ!

実際に奨学金の返済に成功した方がやっている副業の1つに、クラウドソーシングのサイト「クラウドワークス」があります。クラウドソーシングとは、副業をしている会社員やフリーランスとして活躍する個人事業主に対して仕事を外注したい企業と、仕事をするスキルを持った個人をマッチングしてくれるサービスです。いくつかあるクラウドソーシングサイトの中でも、クラウドワークスは大手のためたくさんの案件が常時募集されています。

クラウドワークスに登録すれば、お金を掛けずに副業の案件を獲得することが可能です。資格やスキルが無くても始められる仕事もたくさん募集されているため、在宅ワークで副収入を増やし、奨学金の返済に成功する人が増えています。

クラウドワークスに類似する他の副業との比較

奨学金の返済におすすめの副奨学金の返済におすすめの副業である「クラウドワークス」を使った在宅ワークについて、他の副業と比較していきます。比較の対象としては、クラウドワークス以外の別のクラウドソーシングサービス、日雇いバイトの副業、そして、アンケートサイトの3つを選びました。

まず、クラウドワークス以外の別のクラウドソーシングサービスとの比較です。クラウドソーシングサービスはいくつかの種類がありますが、クラウドワークスよりも規模が小さいところでは案件の数も少なくなってしまいます。また、副業の仕事を獲得するための方法がサイトごとに異なり、操作性が悪いサイトもあるため注意しましょう。まずは、大手で実績もあるクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」から始めることをおすすめします。

次に、クラウドワークスを使った在宅ワークと、日雇いバイトを比較してみましょう。クラウドワークスの場合、ネットにつながるパソコンさえあればどこでも仕事ができますが、単発の日雇いバイトの場合は一定時間、現場で拘束時間が発生します。そのため、時間的な自由度を優先したい場合はクラウドワークスを使った在宅ワークの方がおすすめです。自分の好きな時間に働けるクラウドワークスの場合、スキマ時間を活用して効率よく稼ぐことができます。

最後に、クラウドワークスとアンケートサイトの比較です。アンケートサイトでは、企業が募集するアンケート調査に協力することで、協力した件数に応じた報酬がもらえます。スマホ操作だけで報酬が得られるため通勤電車やバスの中でも副収入を稼げる点がメリットですが、案件ごとの単価や時給単価はクラウドワークスによる在宅ワークの方が高いです。奨学金の返済のためにまとまったお金を稼ぐという視点で考えた場合、クラウドワークスの方をおすすめします。

以上の比較を踏まえると、奨学金の返済にはクラウドワークスを利用した在宅ワークがベストです。パソコン操作がある程度できる人であれば、クラウドワークスによる副業にチャレンジしてみてください。もし、パソコンを使うのが苦手な場合や、在宅ワークをこなすためのスキルに自信がない場合には、単発の日雇いバイトがおすすめです。

ご自身のスキルや働きたい時間帯に合わせて、最適な副業で奨学金を完済していきましょう。