【パターン別】でみる副業

妊娠中や妊婦でも無理なくできる副業一覧 | 出産費用や入院費用を副収入として得る方法

妊娠をきっかけに、出産費用や養育費を稼ぐために副業を始める方も少なくありません。

最近では、個人であっても気軽に副業できる環境が整っているため、サラリーマンを続けながら副業で収入を得ることも可能です。

「入院費用や産後の費用が心配…」

「周りがやってる妊娠中でもできる副業を知りたい…」

「産休中の会社員でも収入を得られる仕事がしたい…」

そこで今回は、妊娠中やサラリーマンを続けながらでも副収入が得られるおすすめの仕事をまとめました。出産のための費用だけでなく、将来の子供の学費や教育費を安心して稼ぎたい人向けの副業をご紹介します。

妻の妊娠、出産に備えて月収を増やしたい男性や、妊娠や出産を機に本業を休んでいる時でも稼げる在宅ワークをお探しの女性はぜひ参考にしてください。

妊娠中でもできる副業はある?

妊娠中でも在宅でできる副業の中には、空き時間を活用するだけで平均月給3万円ほど稼げる仕事があります。

スキルや作業時間に応じて、月給10万円ほどを副業で稼げる場合もあるため、自分の得意分野を活かした副業選びが大切です。

たとえば、女性の副業の場合、在宅でできる秘書業務では毎日1時間程度の作業で月収5万円以上を安定して稼げるケースがあります。また、プログラミングや翻訳、ブログ記事のライティング、デザイン制作などのスキルがある場合、時給単価で3,000円から10,000円の高単価での副業も可能です。

在宅でできる副業では、パソコンとインターネット環境さえ整っていれば、家から出ずに仕事を受注し、副収入を得ることができます。また、副業を受注する取引先や人脈が全くない人でも、クラウドソーシングサービスなどを活用すればすぐに仕事を開始できるのでおすすめです。

妊娠中でもできる副業の口コミや評判

妊娠中でも始められる副業について、実際に副収入を稼げた人の口コミや評判をまとめました。これから副業を始めたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

28歳/女性
28歳/女性

(大手IT企業勤務、副業でライティングを開始)

職場結婚1年目で妊娠して、休職に向けて夫と相談した上で副業を始めました。最初は月に1万円くらい稼げるかな?という気持ちで始めてみましたが、現在は毎月3万円くらいの副収入ができて安心しています。

普段、本業の方で文章の作成などは慣れていましたので、副業でライターを始めるにあたってスキル面での課題は特にありませんでした。家に帰ってから1日30分、長い時でも1時間くらいパソコンで文章を作成するだけで稼げるので助かります。出産後はどれくらい時間がとれるかまだ分かりませんが、時間を見つけて続けていけたらと思っています。

32歳/男性
32歳/男性

(デザイン会社勤務、副業でデザイン業を開始)

妻が妊娠したため、副業で収入を少しでも増やしたいと思って、サラリーマンをしながらできる仕事を探していました。色々な副業がある中で自分はデザイン制作のスキルがあるため、それを活かした副業をすることに。本業が忙しいのでなかなか時間が取れませんが、月給2万円から5万円くらいは稼げています。

本業の給料がなかなか上がらないので、将来的には副業で始めたデザイン業で独立したいです。ただし、毎月一定して仕事が受注できるわけではなく、思った以上に稼げない場合もあります。これから副業をはじめようとお考えの方は、どれくらい安定して稼げるかをしっかり調べることが大切だと思います。

25歳/女性
25歳/女性

(アパレル店勤務、副業でECサイト運営代行を開始)

接客業なので子どもができてからあまりお店に出られなくなってきて、友達から教えてもらった副業を始めました。思っていた以上に簡単にできて、通勤時間にスマホで作業するだけで月1万円くらいのお小遣いができてよかったです。

普段からネットショップを見たり買い物したりするのは好きだったので、通販サイトの運営作業のイメージは何となくつかめていました。作業マニュアルがしっかり用意されていたので、あまり詳しくない人でも慣れれば大丈夫だと思います。

妊娠中でもできる副業のメリットデメリット

妊娠中でも気軽に始められて副収入が得られる副業には、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。

副業の種類に応じたメリットやデメリットをしっかりと把握した上で、副業の仕事選びをしましょう。

以下では、妊娠中でもできる副業についてのメリットとデメリットをまとめました。数ある副業の中でどれを選ぶか検討する際に参考にしてください。

妊娠中でもできる副業のメリット

妊娠中でもできる副業のメリットとしては、スキマ時間でも気軽に稼げることが挙げられます。特に、在宅でできる副業のほとんどは勤務時間に縛りがなく、自分の手が空いている時に仕事をして稼ぐことが可能です。

最近では、妊娠をきっかけに本業を休止している方が、在宅でも活躍できる環境が整ってきています。秘書業やプログラマー、デザイナー、翻訳業などのスキルがある女性の方の場合、本業で培ったスキルをそのまま副業に活かせるのも、メリットの1つです。

また、妊娠中や出産後もできる副業の中には、特別な資格やスキルが無くても稼げる仕事もあります。企業のSNSの運営代行やネット通販サイトの作業代行など、マニュアルに沿った仕事も多いです。

副業からスタートして、その仕事だけで稼いで行けるようになることもメリットとして挙げられます。自分のスキルを活かして働くタイプの副業では、育児が落ち着いてからそちらを本業として独立できるような仕事も少なくありません。

時間やお金の面で余裕ができ、より自分に合ったライフスタイルが選べるようになるのが副業のメリットです。

妊娠中でもできる副業のデメリット

妊娠中でもできる副業のデメリットとしては、初めて副業をする場合、あまり待遇の良くない仕事にあたってしまうリスクなどが挙げられます。副業の作業内容や時給は、それを依頼する企業によって変わるため注意が必要です。

多くの会社は正当な対価を支払った上で、副業で働く人に仕事を依頼しています。しかし、中にはビジネスの初心者を狙って不当な条件で安い案件を発注している悪徳企業も居ることがデメリットです。

また、妊娠中でもできる副業のデメリットとしては、仕事によっては毎月安定した副業収入を得られないということも挙げられます。毎月一定の仕事量を安定して貰える副業もあれば、単発での仕事依頼もあるため、月収が安定しないことに要注意です。

ただし、これらのデメリットは副業を始めたばかりの最初の内に注意すべきポイントで、慣れてくれば自分のペースに合わせて安定した副収入が得られます。特に、最初にスタートする副業選びに失敗してしまわないよう、事前にその仕事の内容や他の人の評判もしっかり確認しておくことが大切です。

妊娠中の方が副業するのにベストな時間帯は?

サラリーマンとして本業が忙しい方や、妊娠中の方が副業するのにベストな時間帯は、朝や夜中、そして通勤中などのスキマ時間です。

サラリーマンの方の場合、電車通勤中などにスマホで作業できる副業があると、効率よく副収入を稼ぐことができます。

本業がある方の場合は日中忙しいことが多く、空いている時間があっても落ち着いて作業ができない場合も少なくありません。そのため、無理に日中に副業の作業を詰め込んでしまうよりは、早朝や夜中などにまとまった時間をとることがおすすめです。

なお、妊娠中の方で本業を休業し在宅されている場合には、自分の働きやすい時間帯を選べる副業をおすすめします。反対に、勤務時間が固定されているタイプの副業は、急な体調不良などでバランスを崩してしまうリスクもあるため、出来る限り避けることが無難です。

出産費用や養育費が足りない場合にピッタリな副業はある?

本業の給料がなかなかアップせずに困っている方は、出産費用や養育費の不足が気になるかもしれません。そんな時には、空き時間をできる限り効率よく収益化できる副業をおすすめします。

特に、クラウドソーシングのサイトを活用した在宅ワークや、自宅でできる内職系のバイトなどの副業なら、自分の空き時間に合わせて仕事量を調節することが可能です。

本業を休職してたくさん時間が空いている方は、出産費用や養育費を稼ぐために多めに仕事を入れることもできます。また、無理のないペースでコツコツと稼いでも大丈夫です。

クラウドソーシング系の副業や内職系の副業は、スタートするのに初期費用が掛からない点も魅力となっています。特に出産前は、できるだけ出費を抑えて手堅くお金をためていきたいところです。初期費用や仕入れが必要な副業と比べて、内職や在宅ワークの仕事は赤字になってしまうリスクなく始めることができます。

 

実際に副収入を得ている妊娠中の方が成功したおすすめ副業はこれ!

妊娠中の方でもしっかり稼げるおすすめの副業は、クラウドソーシングサイトを活用した在宅ワークです。

クラウドワークスというサイトを活用することで、副業が初めての初心者の方でも簡単に副収入を得ることができます。

クラウドワークスでは、主にパソコンを使って自宅でできる仕事について、たくさんの企業が案件募集をしているのが特徴です。仕事内容も幅広く、アンケートに答えるだけの簡単な作業から、体験談などの執筆や資料データの作製、通販サイトやSNSの運営代行、翻訳、アプリ開発、デザイン業務など多岐にわたります。

また、クラウドワークスでは仕事を始める段階で事前に仮入金が行われるため、せっかく仕事をしたのに支払ってもらえなかったり、入金が遅れたりするトラブルが起きる心配もありません。実際に、妊娠をきっかけに本業を休職中のたくさんの方がクラウドワークスに登録し、月に数万円の副収入を得ています。

なお、クラウドソーシングのサイト上では仕事を行った際の評価も公開されるため、実績を積んでいくことで単価の高い仕事を受注しやすくなっていくことも利点です。ご自身のスキルに合わせて、ぜひクラウドソーシングで副業を探されることをおすすめします。

クラウドソーシングに類似する副業との比較

妊娠中の方やサラリーマンの方に最もおすすめの副業はクラウドソーシングによる在宅ワークですが、似たような案件としては内職のアルバイト、アンケートモニター、覆面調査などが挙げられます。

これらの副業も空き時間で副収入を得ることができますが、妊娠中の方にとっては稼ぎにくい面もあるため注意が必要です。

内職のアルバイト業とクラウドソーシングによる在宅ワークを比較した場合、初期費用が掛からないという面ではどちらもメリットがあります。しかし、稼ぎやすさの面ではクラウドソーシングによる在宅ワークの方がおすすめです。

内職のアルバイト

内職のアルバイトでは、梱包作業など手作業で行う仕事が多く、パソコンだけを使って仕事ができるクラウドソーシングと比べると体力を使います。また、梱包のための資材や商品などを自宅に保管しなくてはならないため、小さいお子様が生まれた家庭では部屋のスペースの問題や、物品管理の手間がデメリットです。

さらに、内職のアルバイトの場合は誰でもできる単純作業が多いため、クラウドソーシングで募集される案件と比べると単価が低い傾向があります。稼ぎやすさという面でも、クラウドソーシングでの在宅ワークがおすすめです。

アンケートモニター

次に、アンケートモニターとクラウドソーシングについて比較します。アンケートモニターの副業は、企業が提供する新商品やサービスを実際に体験してアンケートに答えることで報酬がもらえる仕事です。また、商品やサービスの体験ではなく、自分のライフスタイルや生活上の悩みなどについて企業のアンケートに協力する場合もあります。

アンケートモニターの仕事は、取り組みやすさの面ではクラウドソーシングと同様に簡単です。ただし、毎月一定の報酬を安定して稼ぎ続けるためには、様々なアンケートに応募する必要があります。応募できる案件が見つからなかった場合には、報酬が少なくなってしまうのがデメリットです。クラウドソーシングの場合は、毎月固定の継続案件を募集している企業もたくさん存在します。

覆面調査

最後に、覆面調査とクラウドソーシングについての比較です。覆面調査はミステリーショッパーとも呼ばれ、飲食店やエステサロンなどのサービスを実際に体験して、その評価をレポートすることで報酬がもらえる副業となっています。クラウドソーシングよりも日給が高額な案件もあるのがメリットですが、実際に店頭に足を運ばなくてはならない点が、妊娠中の方にとってのデメリットです。