【パターン別】でみる副業

ブラック企業勤務でもできる副業 | 経験者の口コミを基に徹底検証!

長時間労働や低賃金、ハラスメントなどで離職率の高い職場はブラック企業とも呼ばれ、社会的な問題になっています。過重労働が厳しいブラック企業では、身心の健康を害してしまう恐れもあるため、無理をしないように注意が必要です。

ブラック企業やそれに近い環境で長年働いていると、自分の労働環境が当たり前と思ってしまうかもしれませんが、実際には違います。

副業をスタートして会社の給料以外にも収入が増えれば、残業代を稼がなくてもよくなるなど生活が今よりも楽になる可能性が高いです。

そこで今回は、ブラック企業のような過酷な仕事環境から少しでも経済的に楽になるためにおすすめの副業についてご紹介します。

ブラック企業に勤務しても取り組める副業とは

ブラック企業のような大変な労働環境で働いている方でも、短いスキマ時間を活用して副収入を得る方法があります。

アンケートサイトやポイントサイトなどは、簡単なアンケートに答えたり無料のメール登録をしたりするだけで報酬を貰えるため、通勤中などのスキマ時間を使ってお小遣い稼ぎが可能です。また、投資系のサイトなら、自分自身はほとんど作業をすることなく、元手の金額の何%かの利回りで報酬を得ることができます。

お小遣い稼ぎ系のサイトを活用すれば、毎月1万円~3万円といった副収入を得ることも難しくありません。また、投資系のサイトを活用すれば、元手にする金額に比例して毎月数万円の副収入を稼ぐことも可能です。

特に、投資系のサイトでは自分自身が作業する手間がほとんどかからないため、ブラック企業勤めで副業に割ける時間と労力が少ないという人にもおすすめできます。

ブラック企業に勤務しながら副業する会社員の口コミ評判

ブラック企業に勤務する方でも無理なく始められる副業について、実際に副収入を稼いだ人の口コミや評判をまとめました。

現在の職場に不満がある方や、経済的に少しでも楽になりたい方、これから副業を始めたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

28歳/男性
28歳/男性

(営業会社勤務、副業で投資ビジネスを開始)

私は、新卒で入った営業系の会社に勤務しています。仕事内容は思っていたよりハードで、同期で入ったメンバーは数年で半分近く退職してしまいました。自分自身も、今はやりがいをもって仕事を続けられているものの労働時間の長さや給料の低さが心配になってきたところです。

学生時代の友人にそんな話をしていたところ、忙しくてもできる副業として投資サイトを教えてもらいました。貯金していたお金の一部を使って試しにスタートしてみたところ、毎月少なくても1万円、調子が良い時には1か月で数万円の儲けが出ているので助かっています。最初は心配でしたが、やってみたら意外と簡単に稼げました。

31歳/女性
31歳/女性

(デザイン会社勤務、副業でポイントサイトを開始)

毎日夜遅くまで作業をしていて繁忙期には徹夜で作業することもあります。しかし、給料はそれほど高くなくて、こんな自分でもできる副業は無いかと探していました。色々ある中でポイントサイトというものは自分にあっているかなと思い始めてみたところ、アンケートに答えたり商品サンプルのモニターをしたりするだけでお金がもらえるので良かったです。

今まで、通勤時間中ボーっとして過ごしていましたが、スマホを使った副業でお小遣い稼ぎをするようになってからスキマ時間を活用するようになりました。幸い、うちの会社では副業禁止になっていないので副収入を得ています。就業規則を確認して、大丈夫そうならポイントサイトを試してみるのがおすすめです。

45歳/男性
45歳/男性

(メーカー勤務、副業でクラウドソーシングを開始)

自分は工場勤務で、夜勤が中心の生活を続けています。社内では経験を積み、それなりの職に就いているものの、給料はそれほど高くありません。社内の友人から副業で儲かっているという話を聞き、自分もやってみることにしました。始めてからまだ半年くらいしかたっていませんが、簡単な作業をするだけで毎月1万円くらいの副収入になっていて、嬉しいです。

ただ、別の友人にクラウドソーシングを勧めてみたところ、その人は日々の業務が忙しくて副業まで手が回らないと言っていました。自分は空き時間をお金に換えられて嬉しいと思いましたが、休み時間が少しでもあればとにかく休みたいという人もいるようですね。

ブラック企業に勤めながら副業するメリットデメリット

ブラック企業並みに忙しくても取り組める副業には、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。特に、本業の労働時間が長い場合や、経済的に余裕がない場合には、副業に取り組むのが難しい場合もあります。

以下では、ブラック企業で働いていてもできる副業についてのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

ブラック企業でもできる副業のメリットとしては、短時間の作業でもコツコツ続ければ副収入が得られるということが挙げられます。アンケートサイトやポイントサイトでは1件当たりの報酬はそれほど大きくなくても、3分や5分といったスキマ時間で作業をして稼ぐことが可能です。ブラック企業並みの忙しさの仕事をしている方でも、休憩時間中のちょっとした空き時間や、通勤の電車内の時間などを活用して取り組むことができます。

また、投資系の副業であれば、作業時間をほとんど割かずに毎月報酬を得られることもメリットです。最近では、投資に関する専門的な知識が無い初心者の方でもスタートできる投資ビジネスが増えてきています。元手となるお金さえ用意できれば、投資する企業や銘柄の選定、リスクを押さえた投資などを自動的にやってくれるサイトもあり、忙しい方におすすめです。

ブラック企業では、労働時間が長い割りに給料が少ないことから、身心が疲れてしまいます。また、給料が少ないことで会社への依存度が高まり、余計に辞めにくくなってしまうことに注意が必要です。副業のメリットとして、本業以外にも収入源を持つことで、経済的に余裕ができることが挙げられます。

デメリット

ブラック企業でもできる副業のデメリットとしては、まとまった時間を使って行う他の副業と比べると時給単価が低くなりがちなことが挙げられます。たとえば、土日などのまとまった時間を使って取り組む覆面調査などの副業では、1日あたり1万5000円などの高い報酬を得ることも可能です。一方、スキマ時間に取り組むタイプの副業では、1日あたりに稼げる報酬はそれよりも少なくなります。

また、ポイントサイトやクラウドソーシングなどでスキマ時間の副業を行う場合、空いた時間を見つけてコツコツ取り組むことが重要です。そのため、本業で疲れ切ってしまって副業に取り組むエネルギーが残っていない場合には、副収入を稼ぐことができません。この点も、ブラック企業の方でも取り組める副業のデメリットと言えます。

投資系の副業ビジネスなら、他の副業と比べると自分で作業しなければいけない仕事量が少ないため取り組みやすいです。ただし、投資系の副業では元手となるお金に比例して利益が増えるため、最初の資金が用意できない場合にはスタートできないのがデメリットとなります。さらに、投資の場合はいつでも100%利益が出るとは限りません。場合によっては、損失が出てしまうリスクがあるのがデメリットです。これらのデメリットを踏まえた上で、自分に合った適切な副業を見つけることが重要と言えます。

ブラック企業で働きながら副業するのにベストな時間帯は?

ブラック企業やそれに近い労働環境で働いている方が、副業をするのにベストな時間帯は「通勤や休憩中のスキマ時間」です。

長時間労働で大変なことが多いブラック企業勤めの方は、帰宅時間が夜遅くなる場合も多く、業務終了後に副業をする時間や余力が残っていないかもしれません。そのため、日中の活動時間の中でスキマ時間を見つけて、その時間を中心に稼げる副業を見つけるのがおすすめです。

朝や夜の通勤時間帯で電車やバスを待っている数分の時間や移動中の時間帯、お昼休みの後に空き時間がある場合はその時間帯を利用して副業に取り組むのがベストと言えます。もし、仕事が休みの日にも時間が取れる場合にはその時間を活用することもできますが、ブラック企業勤めの場合そもそも休日自体が少ない方や、貴重な休み時間は休息に充てたいという方も多いです。

そのため、休日などに副業のためのまとまった時間が取れない前提で、スキマ時間だけを活用して稼げる副業を探すことをおすすめします。

ブラック企業で働きながら稼ぐのにピッタリな副業はある?

ブラック企業で働きながら稼ぐのにピッタリな副業として、作業の手間がほとんどかからない投資系の副業や、数分単位の短い時間でも稼げるポイントサイト、クラウドソーシングなどのビジネスがあります。

投資系の副業は特別な勉強や知識が必要になると思われるかもしれませんが、最近ではAIによって自動的に利益が出るように投資ができるサイトなども登場していて、初心者の方でも副収入を得ることが可能です。

また、ポイントサイトやアンケートサイトなどは、報酬を稼ぐために必要な作業がメールアドレスの登録だけのものや、簡単なアンケートに答えるだけのものがあります。これらの案件なら、数分のスキマ時間を活用してコツコツと副収入を稼げるため、忙しいサラリーマンの方にもピッタリです。

クラウドソーシングのサイトでは、まとまった時間や特別なスキルが必要な案件も多いですが、ポイントサイトと同様にアンケート調査に応えるだけなどの簡単な仕事もあります。クラウドソーシングのサイト上でアンケートに答えるだけで報酬がもらえる案件もあるため、メールアドレスなどの個人情報を登録したくない人にもおすすめです。

実際に副収入を得ている忙しいサラリーマンが成功したおすすめ副業はこれ!

ブラック企業並みに忙しいサラリーマンの方が実際に成功した副業として、資産運用サイトの「FOLIO(フォリオ)」をご紹介します。

FOLIOは、投資が初めての方でも安全かつ簡単に取り組める資産運用サイトです。FOLIOを利用するために特別な投資の勉強は必要なく、その代わりに投資対象として好きなテーマを選ぶだけのテーマ投資という機能があります。

テーマ投資は、「ITビジネス」や「京都」、「コスプレ」といった好きなテーマに対して投資できる新しいサービスです。各テーマには、投資のプロが厳選した有望企業の株式銘柄が揃っていて、投資が初めての方でも低リスクでリターンが得られます。

なお、FOLIOのテーマごとの利回りはその時々で変動するものの、元金の3%や5%、高い場合は10%といった利益が得られるのが特徴です。預けている元金が多いほど、毎月得られる利益額も多くなります。

投資では失敗するリスクもつきものですが、FOLIOではできるだけ損が出ないように、自動的に分散投資が行われることもメリットです。おまかせ投資の機能を使えば、自分に合った最適な運用プランで自動的に資産運用をしてもらえます。一度運用を開始すれば細かな作業は一切不要のため、忙しいサラリーマンの方でもリターンを得ることが可能です。

FOLIOに類似する副業との比較

ブラック企業並みに忙しいサラリーマンの方でも使える資産運用サイトFOLIOについて、そのほかの類似する副業との比較情報をまとめてご紹介します。

比較対象として、FOLIO以外の資産運用ビジネス、ポイントサイトやアンケートサイトなどの副業ビジネス、そしてクラウドソーシングの3つを選びました。

まず、FOLIOと他の資産運用ビジネスについての比較です。

FOLIOは資産運用サイトの中でも、特にAIによる投資の最適化が自動的に行われることが特長となっています。また、運用にかかる手数料が安いことや、登録自体は無料で出来ること、スタートする時に必要な資金が少ないことなどもメリットです。FOLIO以外の株式投資では、投資に関する専門的な知識を勉強したり、多額の元金が必要になったりする点で、初心者の方にはおすすめできません。

次に、FOLIOとアンケートサイト系の副業ビジネスを比較します。

アンケートサイトやポイントサイトでは、簡単な作業で報酬がもらえるのが特徴です。ただし、1件あたりの報酬は数百円からと安いものが多いため、FOLIOで得られるリターンの金額と比較すると少額になる可能性があります。また、FOLIOなら一度資産運用を開始すれば自分でやらなければいけない作業がほとんど発生しないのに比べて、ポイントサイトやアンケートサイトの場合は細かな作業が必要です。

最後に、FOLIOとクラウドソーシングについての比較です。

クラウドソーシングサイトでも短時間で作業できる案件があります。ただし、アンケートサイトやポイントサイトと同様に、自分自身が作業をする必要があり、忙しくて作業時間が取れない場合は効率よく稼ぐことができません。一方、FOLIOなら副業に割ける時間が無くても収益が得られる可能性があります。

FOLIOは資産運用サイトのため、元となる資金が必要になる点では他の副業よりもハードルが高いかもしれません。しかし、運用できる資金が用意できる場合には、作業時間をほとんどかけずに副収入を稼ぐことができます。有給が取れないくらい忙しい方にもおすすめです。ご自身の忙しさや経済的な余裕を考えた上で、最適な副業ビジネスを選んでいただければ幸いです。